おっさんのBMW5台一挙レビュー(X1/M140i/420i/523d/740e)

ども!おっさんです!
前にも書きましたが、おっさんファミリーはBMWの大ファン。おっさんが周囲にすすめまくった結果、気づいたらこんな感じで一族みんなBMWになってました。(笑)↓

おっさんの父:2017 BMW 740e (G11)
おっさんの母:2017 BMW 420i Grand Coupe (F36)
おっさん自身:2017 BMW M140i (F20)
おっさんの妻:2017 BMW 523dツーリング (G31)
おっさんの義母:2018 BMW X1 (F48)

おっさんのM140i以外は全て3年サイクルで新しい車に入れ替えていますが、BMWからBMWの乗り換えしかありません。←よく飽きねぇなって?(笑)でも値引きヤバいんだもん。。。(笑)

妻の車はもちろん、両親・義両親とも近くに住んでいるので、彼らの車も頻繁に運転する機会があり、じっくり乗ってみるとBMWの各シリーズごとに個性がある事に気付きます。

なので今日は完全におっさんの主観でおっさんファミリーが所有するBMWを一挙にレビューしたいと思います!!

別のメーカーの同カテゴリーの車と比較した情報は世間に溢れているので、おっさんはあくまでも「BMWのシリーズ別」の比較・レビューに徹します!BMWが欲しいけどどのシリーズにしようかなぁなんて悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

カージャーナリストでも無いんで、車の詳しい事には触れずに感じたままを書く直感レビューです!

2017 BMW 740e iPerformance M Sport (G11)

-サイズ・外観

デカイ!!

でもインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングなる後輪まで動くハイテク装備のおかげで最小回転半径が5.8m!めちゃくちゃ小回り効きます。

デメリットになり得るサイズ感も金で解決!さすが7シリーズです。(笑)←こういう思想が気に食わない。

外観は普通にセダンです。
大きさがあるので、後ろから迫られるとイカつさがあります。

-走り

めちゃくちゃスムーズで同乗者は快適この上ないです。魔法の絨毯に乗って移動している感覚です。

でも運転者にとってはクソツマラナイ車です。(笑)

最新のテンコ盛り電子制御で不快感につながりかねない全ての要素が最高レベルで掻き消されますし、どんなコンディションの道を通っても絶大な安心感しかありません。運転するとすぐに眠くなってしまいます。デカイので運転感覚はもっさりしていますしね。。。

-中途半端なPHVシステム

このモデルは名前にe iPerformanceとある通り、ハイブリッドシステムよりも少し大きいバッテリーを搭載したプラグイン・ハイブリッド車です。

モーターだけで50km走るっていう話だったんですが、1年ちょっとたった現在は満充電で25kmくらいしか走りません。(笑)めちゃくちゃ中途半端なプラグイン・ハイブリッドです。。。。

でもやはりエンジンとモーターの組み合わせで走れるので燃費は良さそうです。(詳しい数値は不明ですが、父親があまりガソリン入れなくなったと言ってました。)

-利便性

皆無です。

致命的なのがトランクの大きさです。車体がデカイ割にリヤトランクが異様に狭い。きわめつけは後部座席が固定式で倒れません。ちょっとたくさん買い物がある時やファミリー旅行には向いてないです。。。

この車の所有者のおっさんの父親はあまりの荷物の運搬性の無さに追加で軽トラ買いましたからね。(笑)

デカイ・重い・FRという事で雪道にも最悪な条件しかありません。(一回これでみんなでスキー行った時は何とかなっちゃいましたが。笑)

都内のデパートやビルのパーキング等ではデカくて別の場所に誘導されることもあります。。。

-総評

コレやっぱり自分で運転するタイプの車じゃないです。運転手付けて自分は後部座席でゆったりみたいな乗り方が一番ですね。そしてあまりにも実用性が乏しいです。

本来はスポーツカーもミニバンもSUVも全部いっちゃんいいヤツ持ってるよ!この車は高級ホテルにカッコよく乗り付けられたらそれでいいよ!なんていう富豪の方々のためにある車だと思います。

7シリに捧ぐキャッチフレーズは「駆け抜ける無駄の塊」!

2017 BMW 523dツーリング M Sport (G31)

-サイズ・外観

何気にトヨタ・アルファードより長く、そこそこデカイのですがなぜか大きさがあまり気になりません。東京の入り組んだ狭い道でも意外とイケます。

後輪まで動くインテグレイテッド・アクティブ・ステアリングが5シリにも付いているのですごく小回りが効きます。大きな車の運転が苦手な方でもOKです!

これくらいのクラスになると後部座席にも大分余裕が生まれますので、大きなベビー・チャイルドシートを取り付けてもゆとりあるドライビングポジションが確保できます。

必要十分で馬鹿デカくはないため、ファミリーカーとして見た場合は良いサイズ感だと思います。でも一人で乗れって言われたらイラネって感ですね。

外観はロングノーズでどっしり大きく構えた感じです。

-走り

走りはちょうど3シリと7シリの間って感じです。3シリほど機敏じゃないけど、7シリほどもっさりしてない。7シリほど快適じゃ無いけど、3シリよりは確実に上の乗り心地。

高速で結構なスピードを出しても巡航中はとても安定感がありどんな路面コンディションでも一定の安心感があります。高速度域での安心感は7シリに次ぐものがあり、確実に3シリ以上です。地面に吸い付いてどっしりと安定して巡行する大型クルーザーのイメージです。が、「駆け抜ける喜び」と言われれば?でしょうか。。。

うちのはディーゼルですが、街乗りではトルクもあって使いやすいですが、高速域では速度の伸びが悪いです。100km/h以上の加速はもっさりしてます。これは5に限らず他のシリーズのディーゼルでも一緒なんですけどね。でもおっさんの感覚がイカれているだけで、妻に言わせると十分パワフルだそうです。まぁメインユーザーは妻で、子供を乗せているのでそれでいいんですけどね。。。

このモデルはFRですが欲を言えば4輪駆動のxDriveモデルが欲しかった〜。これでスキーに行った時に、ホテル前の部分凍結した坂道がどうしても登れず困ったことがあります。でもxDriveの設定が540という最高級モデルにしか無いので諦めたんですよねぇ。。。

-装備の充実性、快適性

サイズや走りと違って、装備の充実性や快適性は3シリと7シリの中間ではなく、7シリ寄りだと思います。3シリになくて5シリにある物はいっぱい思い浮かびますが、5シリになくて7シリにある物はちょっとしか思いつきません。装備全部あげたらキリが無いので、説明は省きます。

非常にイイ装備もたくさんありますが、逆にこれはいらんだろう!っていう装備も満載です。「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」というハンドルを自動で操作してくれる機能ですが、レーンの左右に少し寄ってみたり真ん中戻ってみたりと外から見たらめちゃくちゃヘタクソな運転に見えます。。。たまに白線の認識間違えてトンデモナイ場所走ろうとするし、頻繁に白線を見失って機能がオフになっていたりと到底信頼して使えるような代物では無いですね。

あとナビのジェスチャー操作機能も究極にいらないです。反応が悪すぎて使い物になりません。イライラします。ボタンやダイヤルで操作した方がよっぽど手っ取り早くて安全です。

快適性についてはとてもいいです。同乗者視点で見ればこれも3と7の中間ではなく、どちらかというと7よりの乗り心地で十分満足です。後部座席も広いので長女も快適なようです。

-利便性

めちゃくちゃイイです!
トランクが大きいので赤ちゃん連れのファミリーカーとして十分機能しています。買い物に車で行く国内旅行等あらゆるファミリーシチュエーションに対応できます。燃料満タンで900~1000km近く走るので長旅でも楽です。

-総評

ファミリーカーとして考えると全ての点(安全性・快適性・走行性・利便性)で納得のいく大変良い車です。逆に一人や二人乗りメインだと何でわざわざこの車?って思いますが。

523d Touringに捧ぐキャッチフレーズは「駆け抜けるファミリカー」!

2017 BMW 420i Grand Coupe M Sport (F36)

-サイズ・外観

サイズ感としては3シリセダンと変わりないですね。中々運転しやすいサイズです。大きすぎず・小さすぎずな感じで特筆する点はありません。

グランクーペということでリヤが独特な形をしていますが、後部視界も悪くはありません。セダンと違って形がキレイです。

-走り

うちのは4気筒ガソリンエンジンモデルですが中々イイです!スポーティな味付けでエンジンレスポンスが良く、機敏に走ります。ハンドリングも軽快かつシャープでイイです。と言ってもスポー”ティ”なだけですので乗り心地や快適性を犠牲にしている程ではありません。

-装備

BMWはこのクラスあたりから内装の質感がグッと落ちますねぇ。コックピットデザインはどのモデルも同じようなもんなのでパッと見一緒なんですが、5以上と比べて一つ一つの内装パーツ素材が何となく違い、それが積み重なって安っぽく見えてしまう感じです。

でもACCや自動ブレーキ、死角センサーなどの現代の車の標準になりつつあるような装備はしっかり付いています。ヘッドアップディスプレイもありますし、シートヒーターも後付けでショップで装着してもらいました。

でもアクティブステアリングやアダプティブサスペンションなんかは無いです。

-利便性

4ドアクーペだからって侮る事なかれ!この車は見た目によらずトランクがすごく大きいです!!意外にも荷物がバンバン入ります。ゴルフバッグも数個程度余裕で入ります。3シリセダンは愚か、3シリツーリングぐらいの積載能力はあるんじゃないでしょうか?

-総評

機敏で軽快、4ドアクーペの綺麗なデザイン、見た目の割に大きなトランク、スポーティだけど十分快適、サイズも小さすぎず大きすぎず。何か全てをイイとこ取りな感じの1台です。1台しか車を持てなかったらこれの6気筒モデルにします。3シリセダンの存在が霞んでしまうほど出来の良い1台です。

420i Grand Coupe M sportに捧ぐキャッチフレーズは「駆け抜ける喜び」!

2017 BMW M140i (F20)

-サイズ・外観

コンパクト。取り回しが楽です。
FRパッケージなので後部座席スペースは狭め。

最安モデルの2倍もするのに外観は思いっきり普通です。どっからどう見ても普通の1シリーズにしか見えません。

イケイケな感じの3シリディーゼルとかに煽られる始末で、見栄を張るのには全く不向きな車です。(笑)

-走り

直列6気筒3Lターボエンジン(カタログ値で340psのパワー。実際それ以上出てるらしいです。)がコンパクトボディの中に敷き詰められています。めちゃくちゃパワフルです!

BMWの直6ってスムーズに回って最高です!ヒューッンって感じでヤバい速度にすぐ到達します。こんな気持ちの良いエンジンは初めてです。これだけで普通の1シリより高い金額を払ったメリットを感じれます。ちゃんと注意していないと普通の車の流れに合わなくなる程速いです。

おっさんはこの車の加速感が基準になっているので、他のBMWを運転すると遅すぎて事故りそうになることが多々あります。それほど加速がヤバいです!

コールドスタート時のエンジン音が爆音でやる気にさせてくれます。
コンパクトボディなので動きもシャープで軽快です。

足はアダプティブサスペンションが装備されていて、スポーツモードにすればある程度固くなりますが、個人的にはもう少し固めの方が嬉しいです。しかし、ここでレビューしている他のBMWとは比べ物にならないくらいスポーティでしっかりしたドライビングフィールです。

今では希少なFRのハッチバックであることも大事なポイントです。

-装備

クソです。
1シリーズ自体装備的に大した事無いですが、このM140iというモデルは独特で、一番高いくせに下位モデルに普通に入ってるようなACCや自動ブレーキすら無いです。フォグランプもなかったりします。。。

スピーカーもやっすい感じの最低の音質のが入ってます。(笑)

とりあえず車の内装や快適系の装備で誇れるものは何一つありません。

でも駆動系や足回りには誇れるものが沢山あります!
3.0L直6エンジン、アダプティブサスペンション、バリアブルスポーツステアリング、2本出しマフラー、Mパフォブレーキ、ちょっと大きめのタイヤなどなど。

-利便性

ハッチバックなのでそこそこの利便性はあります。
5ドアなので子供とちょっと出かける時にも困りませんし、ゴルフバッグやらロードバイクも後部座席を倒せば何とか載せられます。

-総評

エンジンや足回りなど車の機構部分にほとんどの金がかかっており、それ以外は一切無視という超偏った車です。(笑)でもハッチバックで、FRで、3.0L直6ターボエンジンというのは世界でこの車しかありません。おっさんが歴代の車で最高に気に入っています。来年新型になりますが、駆動形式がFFになります。FFなんてBMWじゃねぇ!と思っているので新型には全く興味がないですね。大事に長く乗っていこうと思います。

変態ホットハッチM140iに捧げるキャッチフレーズは「駆け抜ける喜び大爆発」です!

2018 BMW X1 xDrive18d M Sport (F48)

-サイズ・外観

おっさんは以前X3に乗っていた事がありますが、それと比べると明らかに小さいサイズ感です。でもFFパッケージなだけあって、空間空間は広く感じます!運転席の視点も少し高いので運転も大変しやすいです。

しかし、荷室の広さ等の総合的な観点からメインファミリカーとしては少し小さいなぁって思います。これに乗っている義両親は普段は夫婦二人だけなので全く問題ないようですが。

外観はカッコよくていいと思います!
でもリヤバンパーが黒いの何とかならないですかね。。。

-走り

FFでBMWって言われても・・・・

パーツが減ってコストダウンできるし、効率的なパッケージングで室内空間をより確保できるので実用性が高いのは分かります。でもBMWってあれほどFRにこだわっていたのに。。。

うちのは4輪駆動ですが、あくまでもFFベースの4駆です。それなりに安定した走りですが、なんかサイズの割にもっさりしてハンドリングが軽快じゃない気がします。(頭からBMWのFFを否定しているからそう感じるだけかもしれませんが。。。)

ディーゼルエンジンもある程度速度がノッテくるとパワー不足感がすごいです。速い車が接近してきたら「お!来たな〜ちょっと速度アップしよう!」みたいな気に絶対なれません。「お先どうぞ〜」とすぐギブアップしたくなるので安全です。

-装備

ACC、自動ブレーキなど現代車の定番装備は付いています。オプションでヘッドアップディスプレイや電動テールゲートもついていて装備的に不満に思うところはありません。

-利便性

それほど大きい車では無いですが中々イイと思います!

後部座席がスライドして座席を倒さなくてもトランクが広くなる所など工夫が見られます。道具一式詰め込んで満員乗車でキャンプみたいなことがギリギリ出来るか・出来ないかという感じでしょうか。

-総評

BMWという事を一旦忘れ去り、純粋に車として見た場合は悪い車では無いと思います。が、BMWならではのこだわりがほとんど無いので何が目的でBMWにするのかイマイチ分かりません。

X1 xDrive18d M Sportに捧げるキャッチフレーズは「駆け抜けるカッコだけ」!


自動車(BMW)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です