おっさん的パパのベビーカーの選び方

こんにちは!
今時のイクメンになりきれないおっさんです!(でもなるべくやれる事はやってるヨォ。笑)

おっさんには6歳の長女と生後5ヶ月の次女がいます。今は次女に手がかかる時期ですが、やはり長女の時の経験があるので勝手は色々と分かっているつもりです。大変な子育ても質の良い子育てアイテムがあればストレスを大幅に減らせます。そんなおっさんの買ってよかった!と思える子育てアイテムを紹介するシリーズ「おっさんの子育て」を開始します!

第1弾は子育てのマストアイテム、ベビーカーです。
コレ、歩くのが嫌いなお子さんの場合は最悪4,5年間はお世話になるシロモノです。。。(うちの長女はまさにそのケースで5歳まで乗ってました。。。)

何を選択するかはとっても重要になってくると思いますが、我が家の事例を紹介したいと思います。

ウチでは重量級と超軽量級のベビーカーの2台体制での運用が基本となっています。各社様々な工夫を凝らしているベビーカーですが、重量と安全性・安定性・快適性はトレードオフの関係になっており、その二つを完璧に両立したベビーカーは未だかつて見つけた事がありません。(あったら是非教えて!)もし1台で済ませようとすると絶対にどこか妥協しなければならない点が出てくるはずです。どの観点からも中途半端な性能のベビーカー1台をストレスを抱えながら使うより、どっちか極端に秀でている製品を2つ買ってシーンに応じて使い分ける作戦です!

長女が生まれた時にこの作戦を採用し、おっさんが厳選したのは以下の2台です!

重量級ベビーカー
メーカー名:Bugaboo(バガブー)
国:オランダ
モデル名:カメレオン(最新バージョンはカメレオン3)
タイプ:A/B型ベビーカー(新生児〜17kg)
購入時期:2012年
重さ:9.6kg
価格:10万ちょっとだった気がします

おっさん家では犬も一緒に乗っけてます。笑

超軽量級ベビーカー
メーカー名:Combi(コンビ)
国:日本
モデル名:F2
タイプ:B型ベビーカー(生後6ヶ月頃〜15kg)
購入時期:2012年
重さ:3.7kg
価格:記憶無し(現行モデルは2万5千円〜みたいです。)

2台とも長女が5歳まで散々乗り倒したにも関わらず何らダメージが無く、現在次女にそのまま使用中です!この2台を使い分ければどんなシーンでも大丈夫!ストレスなく快適な移動が可能となります。どちらのベビーカーも現在も販売されています。それでは各車の特徴を詳しく見て行きましょう〜♪

Bugaboo Cameleon (バガブー・カメレオン)


メリット
– 走行快適性。
調整可能なサス付きです。乗り心地、操作性が最高です!軽量級ベビーカーでは絶対走行不可能な段差や悪路も平気です。芝生の上どころかビーチにまで行けました。(さすがにビーチでは押さずに引きましたが。)
– 使用期間の長さ。
新生児から17kgまで使えます。長女の場合は生まれた直後から5歳まで使いました!新生児を快適に運べるキャリーコットが付いてきます。赤ちゃんからしたら快適なベッドごと移動している感じになりちょうど今使っている次女もとても快適そうです。
– 耐久性の高さ。
剛性のある頑丈なフレームです。それでも超重量級のベビーカー程重くありません。長女の時に散々手荒に扱いましたが何も歪んだり壊れたりしていません。次女が生まれた時に、専門業者のクリーニングに出したらほぼ新品のような状態にまで戻りました。値段が高いですが、使用できる期間の長さと下の子供にまで使える丈夫さを考えたら安い買い物だと思います。
– 押しやすさ。
おっさんの身長はそこまで高くはありませんが、国産ベビーカーは押す時に足が引っかかってしまいます。このベビーカーは一切足が引っかからず押す方も快適です。
– 荷物積載性の高さ。
ベビーカーの下部に大容量24Lのアンダーシートバッグがあります。またベビーカーが安定して自立しているため、経験上では押し手に10kg程度の荷物をぶら下げても転倒しません。子供が10kg以上あるとそれ以上にぶら下げても平気です。ママさんバッグってアレコレ入ってて意外と重くなると思いますが、それを転倒の不安無くぶら下げられるというメリットは非常に大きいです。うちは買い物に行くと大量に買い物袋ブラ下げて移動しています。
– オプションパーツが豊富。
スナック入れ・ドリンクホルダーがついたトレーを買いました。幌もたくさんの色から選べます。

デメリット
– 大きさ。
身動きが取れない程の異常な人混みや都内のラッシュ時の電車は無理です。。。ディズニーランドくらいなら混んでる時でもOK。
– 収納性の低さ。
ワンタッチで折り畳めない上に座席部とフレーム部2分割にして畳む感じになります。バスに乗る時など外出時に頻繁に折りたたむ必要がある場合は不便です。子供を片腕に抱えたまま折りたたむのはほぼ不可能です。

Combi F2 (コンビ F2)


メリット
– 軽量!
片手で楽々持ち上げられるほど。
– 収納性。
ワンタッチで折りたためます。子供を片腕に抱えたまま出来ます。
– 耐久性。
軽くて剛性はありませんが壊れません。長女で5年間フルで使用し、現在次女にも使ってます。

デメリット
– 新生児は乗れません。
うちは5ヶ月から使いました。
– 走行性能。
基本はキレイ目の舗装路や店内しか無理です。悪路は公園の管理された芝生の上程度でもダメです。フレーム剛性が低く、車体がグニャグニャなので悪路では特に押しにくいです。
– 安定性・安全性が低い。
軽量なため安定性がありません。重量もないし、座面高の割にはホイールベースが短いので不安定。押し手に少しでも荷物をぶら下げると転倒します。アンダーシートバッグ以外に荷物を搭載してはいけません。
– 押しにくい。
おっさんの場合は押す時に足がベビーカーに当たります。

各車デメリットを書きましたが、それは他の何かが特に秀でているための副作用のような物で、おっさんは全て予め承知の上で購入しています。なので、「デメリット=不満に感じている」訳では無い事をご理解下さい。そう、大事なのはどのシーンでどちらを使うかです。

以下が我が家でのシーン別使用例です。
バガブー カメレオン:
ディズニーランド等の行楽地、大型ショッピングモール・アウトレット、近所の散歩
コンビ F2:
都内のお出かけ

どっちつかずの中途半端なベビーカーでどこへ行っても何かしらのストレスを抱えるより、シーン別で2台使い分ける方が楽でいいですよ〜!2台体制で楽しいベビーライフを送ってください!


ベビー用品・育児グッズランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です