2019年版最新BMWコーディング実践編:BMW1シリーズ(F20/F21)ワンタッチターンシグナル回数変更

こんにちは!おっさんです!

コメント欄にてリクエスト頂いてワンタッチターンシグナルの回数変更です。ウィンカーを軽く押した時に点滅する回数を変えることが出来ます。

デフォルトは3回点滅なのですが、実際に車線変更する時に点滅回数が少ないかな?と思う時があると思います。今回はコーディングで点滅回数を4回に変更します。

※この記事は以前の記事にて説明した事前準備を完了した前提で書かれています。準備がまだだよ!っていう方はコチラをどうぞ!→「2018年版最新BMWコーディング準備編」

まずは今回の実例で取り上げる車両の情報です。

– モデル:1シリーズ・M140i
– 製造年:2017
– 型番:F20
– iDrive:NBT EVO id5
– スマホOS:iOS

F系であれば他のシリーズでも同じ作業になります!

それでは始めましょう!

1. 準備作業

Step.1 車両の準備

まずは車両側の準備をしましょう。
普通にエンジンをかける時の要領で、ブレーキを踏みながらスタートボタンを押してエンジンONの状態にしてください。

※注意!!
エンジンONの状態から再度スタートボタンを押してエンジンOFFにした状態でコーディングをしないで下さい!エンジンOFF後は数分でスリープ状態となってしまいます。コーディングの通信中にスリープすると書き込みが強制的に中断され、車のコンピューターに異常が発生する可能性があります。

Step.2 スマホと車の接続

Vgate iCar Pro Bluetooth 4.0アダプタを車のOBD2ポートに挿入して下さい。
1シリーズの場合OBD2ポートは運転席足元のこの部分にあります。

ポートにアダプタを挿入するとアダプタのLEDライトが光り始めます。

次はスマホ側の準備です。スマホと車が通信している最中に別のアプリがバックグランドで違う通信を行ってコーディングの邪魔をする事が多々あります。そういった事態を防ぐため、スマホを機内モードにしてBluetooth通信だけ有効となるようにして下さい。

アプリを立ち上げ、「CONNECT」ボタンをタップしましょう。

Bimmercodeアプリがアップデートされて以下の車両選択画面が出現するようになりました。ご自身の車両を選択し、「CONNECT」ボタンをタップしましょう。

準備編で紹介したアプリ初期設定が正しい場合は自動でアダプタに接続され、以下のように車のコンピューターからのデータ読み込みが始まります。

ここでエラーが出て車と接続出来ない方は準備編の記事で解説したアプリの有効化や初期設定を再度確認し、車とアプリを再始動して再度接続を試みて下さい。

無事にアプリと車の接続が完了すると以下の画面になります。

これでコーディングの準備が完了しました!

2. ワンタッチターンシグナル回数変更

今回は設定変更が1箇所のみです!

アプリを車と接続した直後は「ECUs」という画面にいるはずです。この車のコンピューターモジュールがリストされている「ECUs」という画面から「Front Electronic Module」をタップして下さい。↓このモジュールからのデータの読み出しが始まりますのでしばらくそのまま待って下さい。

読み出しが完了すると「Front Electronic Module」内が以下のように表示されます。今回のコーディング項目はこの画面内には存在せず、エキスパートモードで行う必要があります。この画面左下の「Expert mode」をタップして下さい。

タップすると以下のような注意書きのポップアップウィンドウが出てきます。エキスパートモードなので自己責任でやってくださいねという旨が記載されています。「Continue」をタップして下さい。

エキスパートモードに入ると以下のような画面になります。上部に検索バーがあるのでそこに「blink」と入力して下さい。すると「BLINKZYKLEN_ANZAHL_TIPP」という項目が出てきますのでそちらをタップして下さい。

「BLINKZYKLEN_ANZAHL_TIPP」内に入ると以下の画面になります。「Custom value…」をタップして下さい。

以下に示す数字部分を変更する事でワンタッチターンシグナルの点滅回数を変更します。ここで注意したいのが、入力する数字=点滅回数-1とする事です。つまり4回点滅させたい場合は「0x03」、5回点滅の場合は「0x04」と入力します。必要ないと思いますが最大「0x06」(7回点滅)まで入力出来たと思います。入力が完了したら右上の「Done」をタップします。

それでは設定変更した内容を車に書き込みましょう。
一つ前の画面(「Front Electric Module」のExpert mode)に戻ると右上の「Code」というボタンが青くなっています。ここをタップすると車へのデータ書き込みが開始されます!

「Code」をタップすると以下のような警告画面が出てきます。大事な注意事項なので以下に意訳します。

– データ書き込み中は途中で止めないで下さい。(中断されると不具合が発生する可能性あり)
– 書き込み中に止まらないようにスマホが十分充電されているか事前に確認してください。
– 書き込み中はアプリの画面を閉じないで下さい。
– 書き込み中はアダプタを抜かないで下さい。
– コーディングは自己責任の下行って下さい。

注意事項が分かったら「Start coding」をタップして書き込みを開始して下さい!

書き込み中に車のシステムが一度再起動し、アプリ画面にコーディングが正常に完了した旨のメッセージが表示されます。

それでは最後にアプリと車の通信を切りましょう。「ECUs」の画面内下部に「Disconnect」とあるので、そこをタップします。

アプリを終了して、アダプタをOBD2ポートから抜いて下さい。

書き込んだデータを確実に車に反映させるためにここで一旦イグニッションをオフにしてからエンジンをかけて下さい。

以上で完了です。お疲れ様でした!


自動車(BMW)ランキング

15 件のコメント

  • はじめまして。
    突然のコメント失礼致します。
    何度かこちらを除かせていただき、さらには参考にさせていただきありがとうございます^^

    私もiCar Pro BLE4.0とBimmerCodeでコーディングを楽しんでおりましたが、先日のアップデートでバージョン2.16になったとたん接続できなくなりました。
    車種(F20)を選択し、Connectを押すとconnectionerrorでplease check if bluetooth is enabled on this device.が表示されるようになりました。
    スマホはちゃんと機内モードでBluetoothはオンで、切り替えや再起動等々何度試してもダメでした。
    そこでBimmerLinkだったら繋がるのか確認するために購入、インストールし、試みましたがやはり同じerrorが表示され繋がりませんでした。

    これはアダプターに原因があるのかと思い、今度は適当なOBD診断アプリを2種類ほど探しインストールし、試してみたところしっかり繋がって問題なく動作しました。

    こうなるとアプリに問題あるように思うのですが、主様はアップデートした際にこのような接続errorに遭遇しませんでしたでしょうか?

    • よっぴー様、
      初めまして!コメントありがとうございます。
      私は2018 Vgate iCar Pro BT 4.0を使用しておりますがBimmerCodeがver.2.1.6となった後も問題なく使用できております。ちなみにiOSです。

      一度BimmerCodeアプリをスマホ上からアンインストールし、再度インストールし直して初期設定(アダプタの選択)をやり直してもダメでしょうか?

      • 早速のお返事ありがとうございます。

        私もiOSを使用しておりますが、やはりアプリの再インストールですかね^^;
        BimmerLinkの方は新規インストールしたにもかかわらず接続できなかったことも気になりますが、後日再インストールし直してみます^^
        このたびはありがとうございました。
        また結果報告させていただきます。

        では!

        • おはようございます。
          先日の接続エラーの件ですが、Bimmercode、BimmerLinkともに再インストール及び再設定し試みましたが残念ながら状況変わらずでした><
          今まで使っていたiCarPro BLE4.0は大陸から1800円にて直接購入したものなので、こうなるとやはりアダプターが怪しいのかと思いVeepeakのOBDCheck BLE OBD2 Bluetooth($29.99)を購入してみました^^;
          これでダメなら次はUniCarScan UCSI-2000の購入を検討していますが高いですね^^;
          イギリスのショップで発見しましたが送料込みで80ポンドでしたのでもっと安く買えるところ探してみます。

          たびたびの長文駄文コメント失礼いたしました。
          また何かありましたらコメントさせていただきます。
          では!

          • よっぴー様、
            おはようございます!再インストもダメでしたか。。。仰る通りVgateは大陸製なので同じ型番の商品でも中の仕様が若干違ってる可能性は大いにありますね。

            私はG系の車両もあるのでUniScarScan導入のメリットを感じ早速購入して現在到着待ちの状態です!商品が到着してから記事にしようと思っているのですが、送料込みで68.07ユーロで購入出来ました。私も色々調べましたがこれが送料込みで最安値でした。よっぴー様もご興味があればこちらを覗かれてみて下さい。このウェブサイトからそのまま買おうとすると送料込みで85ユーロになってしまうのですが、コンタクト先のメールに英語で問い合わせたら小さい商品なのでもっと安い送料でOKと回答をもらい、メール経由で注文・支払い(paypalのpaymentリクエストが送られてきます。)を行いました。完全ドイツ語のサイトですが、このショップオーナーさんは英語でのコミュニケーションに全く問題ありませんでした。メールのレスポンスも速く、注文後も即出荷してくれてDHLのトラッキングナンバーも送ってくれましたので信頼出来そうな感じです。

  • M140i様

    早速のお返事ありがとうございます。
    私もそのショップはサイトで確認済みでしたが85ユーロだったのでスルーしておりましたが、まさか問い合わせでそこまでお安くなるとは驚きです^^;
    VeePeakのアダプターでだめだった場合そちらのショップに問い合わせの上、購入したいと思います。
    大変参考になりました!

  • 初めまして。
    9日に納車のため、色々ググっておりましたらこちらのブログに行きつきました。どうぞよろしくお願いします。
    G01なんですが、ターンシグナル回数の変更は可能なのでしょうか。ご存知でしたらご教示ください。

    • コテツ様、
      初めまして!
      残念ながらG系はBimmerCodeにてターンシグナル回数変更は出来ません。今後アプリのアップデートで出来るようになる可能性はあります。

  • はじめまして。先週118d(2018年)が納車になり、さっそくiCar ProとBimmerCodeを手配しました。
    このブログでとても有益な情報をいただいて感謝しています。
    今日初めて自力コーディングに挑戦し、まずはドアミラー折り畳みZERO秒への変更を行うことができました。
    (最初リアカメラが映らなくなりましたがリアゲートを1回開閉してやったら解消し一安心です)

    ところがワンタッチターンシグナル回数変更に挑もうとしたところ、エキスパートモード画面に入ったところで
    問題が。私の画面では検索窓が存在せず「blink」で検索ができませんでした。
    m140iさんご提供の画面とは表示の内容も少し変わっているようで、もしかしたらBimmerCodeのアップデートが
    関係しているのでしょうか?
    ちょっと手掛かりを探って再挑戦してみようと思っています。

    • 118dブルー様、
      初めまして!コメントありがとうございます。
      ワンタッチターンシグナル変更の際の検索窓についてですが、エキスパートモードに入った直後の画面には仰る通り検索窓が表示されません。しかし、そのページで画面を上部にスクロールすると一番上に検索窓が現れるはずです。

  • こんばんは。土日にちょこちょこと調べものしてみたら一つ気づいたことがありました。m140iさんはiOS版アプリを使ってらっしゃるんですね。わたしAndroidユーザーなのでした…
    どうやらiOS版とAndroid版では画面構成からしてちょっと違ってるようでして、検索窓はAndroid版には準備されてないみたいです。そもそもExpertmodeのボタンも画面最上段にあったりしますし。
    ということでAndroidの場合には検索窓は出てこないので、皆さんのiOS画面映像とかからあらかじめ「3060 LceMaster」などのメニューを見つけておいて指定してやらなきゃなりません。そこから「BLINKZYKLEN_ANZAHL_TIPP」などのメニューに進んで、ようやく操作画面にたどり着くことができます。

    ところがここでもう一つ新たな問題が見つかりました。どうやら新しいBimmerCodeのバージョン?では、ワンタッチターンシグナルの回数変更の機能自体が消されているようなんです。BimmerCodeホームページの車種別サポート項目見ると、1シリーズの場合「Indicators」の中に「One-touch indicator cycles」というメニューが無くなっているんです。(5のFシリーズや6シリーズだとまだ残ってますが2や3でも無くなってるようです)

    操作画面への進み方は見つけられましたが、ワンタッチターンシグナル回数についてはいまのところ変更できないようなので、しばらくは静観してみます。
    ほかの項目は変更できるようなのでそっちを楽しむことにします。

    • 118dブルー様、
      私もアンドロイド版を少し調べてみましたが、仰られるようにiOSとは違い、ECUをセレクトし、エキスパートモードをオンにした後で変更したいパラメターが帰属するグループを指定してようやく検索窓が現れるという仕様のようですね。。。

      BimmerCodeのバージョンについてのご指摘ですが、本日再度私の車(2017 M140i F20)でトライした所、最新のアプリ(ver.2.18)でワンタッチターンシグナルのパラメターが以前と同じように出てきましたので、アプリ自体が対応しなくなっているというのは違うと思います。BimmerCodeホームページで紹介されている車種別サポート項目はBasic Modeで出来る事だけしかリストされていないので、エキスパートモードでしか出来ないワンタッチターンシグナル回数変更は元からそのリストには無かったはずです。

      更に調べてみると一部車種では「BLINKZYKLEN_ANZAHL_TIPP」という項目が無くなっているとの報告がいくつか見られましたのでもしかすると118dブルー様もそれに該当する車両なのかもしれませんね。

  • こんばんは。なるほど、ほかの情報でも去年くらいからワンタッチターンシグナル変えられない車種が出てる、みたいな書き込みを見ましたので、私んちのF20(’18/9登録)はそれに当たってしまったのかもしれませんね。
    3回はちょっとせわしないので少し増やしたかったんだけど、これはまあ慣れるように努めるとします。

    それ以外にはとても役に立つ記事が多くて助かってます!これからもよろしくお願いいたします。

    • 118dブルー様、
      こんにちは!2014年製から一部車種で出来ないような変更があったなんていう情報もありますね。(それだとなんで私のが出来るのかイマイチよく分からないですが。。)このブログを始めて皆様からコメントを頂く中で、本当にケースバイケースで、一様にこうであるとは言えないんだなと痛感しております。コメントで情報を寄せて頂くと、他の方の参考にもなると思います。また何か発見されたらコメントお待ちしております!宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です