2018年版最新BMWコーディング実践編:BMW1シリーズ(F20/F21)ドアロック連動ドアミラー格納

こんにちは!おっさんです!
おっさんが今までトライしてきた数あるコーディング手法の中で最も簡単・安全・安価な方法を実際の車両を例に解説していく2018年版最新BMWコーディング実践編。今回はBMW1シリーズ(F20/F21)のドアロック時のドアミラー格納時間の変更を行います。

車を降りてリモコンキーまたはドアノブでドアロックした時にドアミラーが折りたたまれるますが、デフォルト設定ではリモコンキーまたはドアノブを1.5秒押し続けないとミラーが折りたたまれないようになっています。たかだか1.5秒なんですが、毎度の事となるとこの遅延時間に結構イライラしちゃうんですよね。。。。今回のコーディングはこの遅延時間を0秒にすることによってリモコンキーやドアノブで施錠した瞬間にドアミラーが折りたたまれるようになります。ロックと完全に連動する形でミラーがたたまれるのでストレスフリーになります!

※この記事は以前の記事にて説明した事前準備を完了した前提で書かれています。準備がまだだよ!っていう方はコチラをどうぞ!→「2018年版最新BMWコーディング準備編」

まずは今回の実例で取り上げる車両の情報です。

– モデル:1シリーズ・M140i
– 製造年:2017
– 型番:F20
– iDrive:NBT EVO id5
– スマホOS:iOS
※おっさんの車のiDriveはNBT EVO id5ですが、それ以前のiDriveでもF20/F21であれば大丈夫です!

F20/F21であればその他1シリーズ(118,120等)でもこの実例をそのまま真似出来ます!

それでは始めましょう!

1. 準備作業

Step.1 車両の準備

まずは車両側の準備をしましょう。
普通にエンジンをかける時の要領で、ブレーキを踏みながらスタートボタンを押してエンジンONの状態にしてください。

※注意!!
エンジンONの状態から再度スタートボタンを押してエンジンOFFにした状態でコーディングをしないで下さい!エンジンOFF後は数分でスリープ状態となってしまいます。コーディングの通信中にスリープすると書き込みが強制的に中断され、車のコンピューターに異常が発生する可能性があります。

Step.2 スマホと車の接続

Vgate iCar Pro Bluetooth 4.0アダプタを車のOBD2ポートに挿入して下さい。
1シリーズの場合OBD2ポートは運転席足元のこの部分にあります。

ポートにアダプタを挿入するとアダプタのLEDライトが光り始めます。

次はスマホ側の準備です。スマホと車が通信している最中に別のアプリがバックグランドで違う通信を行ってコーディングの邪魔をする事が多々あります。そういった事態を防ぐため、スマホを機内モードにしてBluetooth通信だけ有効となるようにして下さい。

アプリを立ち上げ、「CONNECT」ボタンをタップしましょう。

準備編で紹介したアプリ初期設定が正しい場合は自動でアダプタに接続され、以下のように車のコンピューターからのデータ読み込みが始まります。

ここでエラーが出て車と接続出来ない方は準備編の記事で解説したアプリの有効化や初期設定を再度確認し、車とアプリを再始動してもう一度接続を試みて下さい。

無事にアプリと車の接続が完了すると以下の画面になります。

これでコーディングの準備が完了しました!

2. ドアロック連動ドアミラー格納時間の短縮

今回は設定変更が1箇所のみになります!

アプリを車と接続した直後は「ECUs」という画面にいるはずです。この車のコンピューターモジュールがリストされている「ECUs」という画面から「Front Electronic Module」をタップして下さい。↓このモジュールからのデータの読み出しが始まりますのでしばらくそのまま待って下さい。

読み出しが完了すると「Front Electronic Module」内にたくさんの項目が出てきます。その中の「Comfort closing delay」という項目を探してタップして下さい。↓

初期設定ではこの項目が1.5秒に設定されています。「No delay」を選択すると遅延時間が0秒となります。※まだこの時点では設定を選択しただけで、車のコンピューターに書き込む作業が終わっていません。下の作業も完了して下さい!

設定変更した内容を車に書き込みましょう。
「Front Electronic Module」画面の右上の「Code」というボタンが青くなっていると思います。このボタンをタップすると車へのデータ書き込みが開始されます!

「Code」をタップすると以下のような警告画面が出てきます。大事な注意事項なので以下に意訳します。

– データ書き込み中は途中で止めないで下さい。(中断されると不具合が発生する可能性あり)
– 書き込み中に止まらないようにスマホが十分充電されているか事前に確認してください。
– 書き込み中はアプリの画面を閉じないで下さい。
– 書き込み中はアダプタを抜かないで下さい。
– コーディングは自己責任の下行って下さい。

おっさんは今までアクシデントで書き込みを途中で中断してしまったことが何回かありますがラッキーな事に不具合は出ませんでした。しかし、稀にエンジンかからないなど深刻な不具合があるようなので、データ書き込みの際の注意はよく守って下さい。(不具合が出てもディーラーでソフト入れ直してもらったら解決する場合がほとんどなんですけどね。)

注意事項が分かったら「Start coding」をタップして書き込みを開始して下さい!

書き込み中に車のシステムが一度再起動し、アプリ画面にコーディングが正常に完了した旨のメッセージが表示されます。これで全ての設定変更が完了しました!お疲れ様でした!

それでは最後にアプリと車の通信を切りましょう。「ECUs」の画面内下部に「Disconnect」とあるので、そこをタップします。

アプリを終了して、アダプタをOBD2ポートから抜いて下さい。

書き込んだデータを確実に車に反映させるためにここで一旦イグニッションをオフにしてからエンジンをかけて下さい。

これからもどんどんコーディングの実例記事を増やしますのでご期待ください!


自動車(BMW)ランキング

3 件のコメント

  • G01(X3)の購入を決めたので、G系コーディングについて調べていて、貴方のブログにたどり着きました。

    わかりやすく解説していただいていて、大変参考になります。どうもありがとうございます!

    BimmerCodeによるドアロック連動ドアミラー格納に関するコーディングについて、G系でも可能かどうか、試していれば、ご教示ください。

    よろしくお願いします。

    • まっちゃん様、
      コメントありがとうございます!
      ドアロック連動ミラー格納ですが、うちのG31(5シリ)とG11(7シリ)ではコーディング出来ましたのでX3でも可能と思われます。(ただし、X3の実車で確認したわけではないのでその点ご留意下さい。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です